So-net無料ブログ作成
検索選択

カンパ OR フルクラム その2「スポーキング」 [盆栽ロード]

カテゴリーは「盆栽ロード」ですが、「通勤号」の話題から
6/20で 通勤号のフレーム塗装をしてから丸2年になります。
CIMG3864.JPG
CIMG3332.JPG
このフレームは 1999年製(製造ロットより/2000年モデル)のフルカーボンフレーム(古?!カーボン)
&ハーフカーボンフォーク(コラム鉄)になります。
ネットでは「カーボンフレームは経年劣化で痛む」となっておりますが、意外と丈夫だったようで、
私の手に入ってから、雨天含め約9000km、製造から約20年近くたった今も、特に不具合なく無事。
どちらかと言うと硬くて、バネ感がゼロなので、もう少し、ヤレて頂きたい。

さて、
見た目がそっくりで、リヤスポーク配置以外同じ物では無いかと言う、カンパG3と、フルクラム2:1、
小さな違いで一体どちらが優れているの?について、考察を

じてんしゃの力の流れを、考えて見ると
ペダリング--->チェーン--->スプロケ--->スポーク--->リム--->タイヤ--->前に進む
赤字がリヤホイールの要素になります。

1.JPG
駆動に、一番影響するスポークは
ハブから回転方向に対して後ろ向きに伸びるスポーク(絵 青色)が主になります。
また、下にイメージで、地面に置いた重りを、スポークで引っ張る絵を書いてみました。
ハブに受けた入力(赤)が、スポーク(青)を引っ張り、リム(黄色)を回して前に進むと言った感じです。

次にスポーク角度よる違いを考察すると、
スポーク角の深い例としてカンパG3、浅い例としてフルクラム2:1に使っています。
角度が深い方が入力からの、推進力への変換が有利と絵に取れると思います。
カンパG3はハブの外径の接線とほぼ平行になっており、
出来る限り、スポーク角度が最大で作られている事が分かりました。

さて、ホイールを作るにあたって、スポーク角を、なるべく深く付ける方法を考えると、
2.JPG
・ハブ径を増やす(G3⇒メガG3)
・リム高を増やす
・スポーク本数を減らすとなると思います。

競輪用ホイールは使える部品が決まっているそうで、
リムはアラヤGOLDのロープロリムなのでリム高が取れない、
ラージフランジハブを使っても、
スポークが36本と多いので、8本組み4クロスで組んで、ようやく深いスポーク角がとれるようです。
今まで、手組するリヤホイールは32H6本3クロスで組んでいましたが、
今思えば、8本組み4クロスも検討するべきでした。


さて、反対向きのスポークの役割です。
3.JPG
下の地面に置いた重りを動かすイメージ絵から、
道に落ちている「犬のふん」とかを、棒で突っつけば、前に移動すると思います。
スポークの動きとしては圧縮(縮み、コンプレッション)になると思いますが、
スポークとリムは固定されていないので、右側断面図にようになり推進力には変換されず・・・
実際には、絵の様にニップルが顔を出すことは無く、120kgfでスポークテンションを掛けていたとすれば、
80kgfなり、60kgfなりのテンションが減少するだけだと思います。
あくまで、ホイールの形を維持するための支えのスポークであり、駆動変換には
有効ではありませんが、無くてはならないスポークです。

MAVIC、Shimanoなどの一部に、リムとスポークを固定しているホイールがありますが、
駆動効率としては良いホイールになるハズで、検討するべきだった項目でした。


有名なホイールビルダー「のむラボ日記」をみると、
フルクラム2:1より、本家本元のカンパG3の方が良いとの説明が、ところどころありましたが、
その中で、全然理解できない構造が「ペアスポーク理論」でした。
カンパG3は、前出の駆動側スポークと、支え側スポークが平行なので、ペアスポーク同等になり・・・


理解できなかったので、別途、適当に考えてみました。
スポークの役目は、駆動力・推進力変換のほか、円形を保つことだと思います。
ホイールに対して、ハブは乗り手+自転車の重みで沈み込む。
回転と共に、変形・復帰の繰り返しになり、転がり抵抗の増大になるため、
極力変形しない事が望まれます。
(タイヤ固い方が転がる、セラミックBRGの方が固く座屈しないので転がる・・・の様な)
4.JPG
こんな感じ??


結論、「フルクラム2:1より、カンパG3の方が良さそう」となりました。

が、たぶん 

ただの誤差程度 だと思うので、

値段が若干安いほうの「カンパ ZONDA」を発注してみました。
(結局、値段・・・・)

シャマルウルトラ/レ―ゼロから、
・ハブの一部がカーボン?誤差なので却下
・セラミックBRG?誤差なので却下
・アルミスポーク?誤差なので却下
・スポーク配置?誤差なので、どっちでも良い
  ・
  ・
  ・
  ・
と、誤差を理由に、安い方に逃げ続け、「カンパ ZONDA」となりました。
(誤差もこれだけ集めると・・・誤差じゃない気も・・・)

3部作は終了v


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: