So-net無料ブログ作成
盆栽ロード ブログトップ

何かを書く。(⇒日記?) [盆栽ロード]

自転車部品はほとんど海外通販。(国内通販)
たまにshopはチラ見。

海外通販NGな商品、スペシャとか、トレックとか、GIANTは店で買うしか無い。
今までに買ったのは、
・スペシャでボトル&ケージが2セット、ヘルメット、冬用グローブ
・トレックはステム。
・GIANTはリムテープぐらい・・・

自宅近くにあるスポーツ自転車専門店は、「リベルタス」、「じてんしゃの杜」
「リベルタス」は店舗が狭い関係かロードバイクよりの商品が多い。⇒よってあまり行かない。
「じてんしゃの杜」はマルチにおいてある。割引も大きい⇒変わったパーツ、自転車があり、面白い。

夏季休暇に入りました。それも今回はかなり長い。

研究のために買ったリアホイール群(ミニベロ以外、すべてカンパになった。)
せっかく軽いので、軽いスプロケを中古で購入。
CIMG5685.JPG
SRAM RED XG-1090 11-28T
アルミスポークホイールに組むと、
CIMG5687.JPG
972g
鉄スポークホイールは DURA CS-7900 11-28T組んだじょうたいで
CIMG5688.JPG
1kg越えでエラー(その後、10g単位の秤で 1080g付近)
100g軽くなったので、バイク全体も測ってみた。
CIMG5693.JPG
100g単位の体重計で、6.7kg(付近)
ペダル、ケージ、サイコンマウント(が2個)着いた状態なので、カタログ重量で6.4kgぐらいと予想
大して軽くならないね。
リアリムの方がロープロになったけど、まぁ良いか?

さて、良い部品にしても(高い部品にしても)、自転車は速く成らない事が、再認識できたので、
唯一、目に見て、数値で分かる性能である。⇒重量。
もともとの盆栽号のコンセプトは軽量化なので、コレで良し。
乗ってみたら?盆栽なので乗りに行かない?
うーん。これはこれで自転車趣味の一つ「改造」

ついでに
サイコン用ホイールマグネットはリム内に内蔵化
CIMG5695.JPG
乗らないのに細部に拘る?乗らないのにマグネット?必要無くない?

改造にもビビッと来ないので、研究でもする事に。
機材より人間の取り分が大きいので、人間研究?のため

SRMパワーメータからデータを盗みまくるために機材購入
CIMG5696.JPG
CIMG5697.JPG
RSオンラインにて 1個600円 オス、メス各3+送料で5000円弱 高くない?

RSオンライン・・・電子部品の業販サイト、最近は個人にも小売りしてくれるサンクス。
http://jp.rs-online.com/web/

もっと細かくクランク位相を調べるため、以下を設計して、DMM3Dに3Dプリント出力依頼
sub01_l.jpg
送料込み1500円

DMM.Make・・・モノづくりのポータルサイト。最近時、3Dプリントの料金が改定され安くなった。サンクス
http://make.dmm.com/

ついでに通勤号のテールライト(ハブダイナモ用)を作成はじめた。
素材はコイツ、
CIMG5698.JPG
ドイツから通販時、毎回テールランプ(1000円~2000円)を研究で買っているが、ほとんど使わず仕舞いだった物。
性能良さそうなコイツを使う

エアロマウントにするため、適当に設計してDMMへ3Dプリンタ出力を依頼。
sub04_l.jpg
送料込み約2000円

自転車(通勤号)⇒エアロなクロスバイク
CIMG5668.JPG
いままで使っているのはコイツ
CIMG5700.JPG
CIMG5699.JPG



結局、自転車には乗らないタイプの、自転車趣味の人間の様です。

八方ヶ原ヒルクライム 2016初登り [盆栽ロード]

ロードバイク(今年乗車4度目)で、単身ヒルクラ練を行いました。

社内ツーリングも同時開催されていましたが、
ツーリングは、もう少し登れるようになってから参加したいと考え、こっそりと闇練と言う事になります。

車で八方ヶ原付近まで移動し、ウォームアップと、ヒルクラ1本のみ計32km、1090mUPとなりました。
3.PNG

DSC_0182.JPG
登頂は成功。(相当頑張った・・・)

メイン部分
2.PNG
・1時間2分・・・頑張った割に遅い結果
・平均210watt(NP215watt)・・・平均よりNPが高いため、無駄、ムラある脚の使い方。
・ケイデンス平均87rpm・・・平均斜度7%のヒルクラにしては高め。低ギア比、高回転、フルシッティング効果
FTP(1時間MAXパワー)210watt
さぼり過ぎた結果がちゃんと出ました。FTPは210wattまで低下。

STRAVA上の過去データと比較
無題.png
心拍は毎回max推移なので、単純に体力の低下です・・・とほほ・・・

リヤホイールは新調したものを使いましたが、効果は・・・・
DSC_0184.JPG
シールは例によって、剥がしました。フロントは30mm、リヤも30mmですが、
カンパ、フルクラムはリムを切削してあるので、見た目は全く30mmには見えず・・・
シールを剥がしたから余計に、貧層・・・・
フロントはAL300や、XR-300など、かなり出回っているOEMリムを使った完組みホイール(HALO製)で、
615gとまぁまぁ軽量。
デザインが浮いているので頑張って無地にしたい予定も、
頑丈な印刷のため、印刷塗装が剥がせないため頓挫中。

機材より体力!やっぱり・・・

07_02_0824_32_km.png

カンパ OR フルクラム その2「スポーキング」 [盆栽ロード]

カテゴリーは「盆栽ロード」ですが、「通勤号」の話題から
6/20で 通勤号のフレーム塗装をしてから丸2年になります。
CIMG3864.JPG
CIMG3332.JPG
このフレームは 1999年製(製造ロットより/2000年モデル)のフルカーボンフレーム(古?!カーボン)
&ハーフカーボンフォーク(コラム鉄)になります。
ネットでは「カーボンフレームは経年劣化で痛む」となっておりますが、意外と丈夫だったようで、
私の手に入ってから、雨天含め約9000km、製造から約20年近くたった今も、特に不具合なく無事。
どちらかと言うと硬くて、バネ感がゼロなので、もう少し、ヤレて頂きたい。

さて、
見た目がそっくりで、リヤスポーク配置以外同じ物では無いかと言う、カンパG3と、フルクラム2:1、
小さな違いで一体どちらが優れているの?について、考察を

じてんしゃの力の流れを、考えて見ると
ペダリング--->チェーン--->スプロケ--->スポーク--->リム--->タイヤ--->前に進む
赤字がリヤホイールの要素になります。

1.JPG
駆動に、一番影響するスポークは
ハブから回転方向に対して後ろ向きに伸びるスポーク(絵 青色)が主になります。
また、下にイメージで、地面に置いた重りを、スポークで引っ張る絵を書いてみました。
ハブに受けた入力(赤)が、スポーク(青)を引っ張り、リム(黄色)を回して前に進むと言った感じです。

次にスポーク角度よる違いを考察すると、
スポーク角の深い例としてカンパG3、浅い例としてフルクラム2:1に使っています。
角度が深い方が入力からの、推進力への変換が有利と絵に取れると思います。
カンパG3はハブの外径の接線とほぼ平行になっており、
出来る限り、スポーク角度が最大で作られている事が分かりました。

さて、ホイールを作るにあたって、スポーク角を、なるべく深く付ける方法を考えると、
2.JPG
・ハブ径を増やす(G3⇒メガG3)
・リム高を増やす
・スポーク本数を減らすとなると思います。

競輪用ホイールは使える部品が決まっているそうで、
リムはアラヤGOLDのロープロリムなのでリム高が取れない、
ラージフランジハブを使っても、
スポークが36本と多いので、8本組み4クロスで組んで、ようやく深いスポーク角がとれるようです。
今まで、手組するリヤホイールは32H6本3クロスで組んでいましたが、
今思えば、8本組み4クロスも検討するべきでした。


さて、反対向きのスポークの役割です。
3.JPG
下の地面に置いた重りを動かすイメージ絵から、
道に落ちている「犬のふん」とかを、棒で突っつけば、前に移動すると思います。
スポークの動きとしては圧縮(縮み、コンプレッション)になると思いますが、
スポークとリムは固定されていないので、右側断面図にようになり推進力には変換されず・・・
実際には、絵の様にニップルが顔を出すことは無く、120kgfでスポークテンションを掛けていたとすれば、
80kgfなり、60kgfなりのテンションが減少するだけだと思います。
あくまで、ホイールの形を維持するための支えのスポークであり、駆動変換には
有効ではありませんが、無くてはならないスポークです。

MAVIC、Shimanoなどの一部に、リムとスポークを固定しているホイールがありますが、
駆動効率としては良いホイールになるハズで、検討するべきだった項目でした。


有名なホイールビルダー「のむラボ日記」をみると、
フルクラム2:1より、本家本元のカンパG3の方が良いとの説明が、ところどころありましたが、
その中で、全然理解できない構造が「ペアスポーク理論」でした。
カンパG3は、前出の駆動側スポークと、支え側スポークが平行なので、ペアスポーク同等になり・・・


理解できなかったので、別途、適当に考えてみました。
スポークの役目は、駆動力・推進力変換のほか、円形を保つことだと思います。
ホイールに対して、ハブは乗り手+自転車の重みで沈み込む。
回転と共に、変形・復帰の繰り返しになり、転がり抵抗の増大になるため、
極力変形しない事が望まれます。
(タイヤ固い方が転がる、セラミックBRGの方が固く座屈しないので転がる・・・の様な)
4.JPG
こんな感じ??


結論、「フルクラム2:1より、カンパG3の方が良さそう」となりました。

が、たぶん 

ただの誤差程度 だと思うので、

値段が若干安いほうの「カンパ ZONDA」を発注してみました。
(結局、値段・・・・)

シャマルウルトラ/レ―ゼロから、
・ハブの一部がカーボン?誤差なので却下
・セラミックBRG?誤差なので却下
・アルミスポーク?誤差なので却下
・スポーク配置?誤差なので、どっちでも良い
  ・
  ・
  ・
  ・
と、誤差を理由に、安い方に逃げ続け、「カンパ ZONDA」となりました。
(誤差もこれだけ集めると・・・誤差じゃない気も・・・)

3部作は終了v


あぺんでっくす [盆栽ロード]

この記事だけでは役に立たない、挿絵(前回の)みたいなページです。

1.JPG
ベース(ハブ軸なし 純回転物)
重量:926g
回転慣性:0.076kg・m2
等価質量:685g

4.JPG
スポーク軽量化(プロファイル同 比重操作)
重量:868g(△58g)
回転慣性:0.074kg・m2
等価質量:667g(△18g)
58gの単純軽量化効果+18gの回転マス軽減 軽量化ブースト1.31倍

8.JPG
リム軽量化(プロファイル同 比重操作)
重量:867g(△59g)
回転慣性:0.070kg・m2
等価質量:631g(△54g)
59gの単純軽量化効果+54gの回転マス軽減 軽量化ブースト1.92倍

5.JPG
タイヤ軽量化(プロファイル同 比重操作)
重量:890g(△36g)
回転慣性:0.072kg・m2
等価質量:649g(△36g)
36gの単純軽量化効果+36gの回転マス軽減 軽量化ブースト2.00倍

回転物は、それ以外の部品の軽量化効果の○○倍とか言われているが実際は「~約2倍弱」(加減速時のみ)
スポークの軽量化は、回転慣性としては誤差レベルと書いたが、実際には1.31倍の効果が見られた。
スチールスポークから、アルミスポーク置換100g軽量化で、体感軽量化効果は合計131gもあった。
外周部ほど回転ブーストが掛かるのは予測できるのですが、やっぱり最外周タイヤは、効果絶大で、2.00倍のブースト。
タイヤ100gの軽量化で、合計200gの体感軽量化効果。
(0-36km/h 20s加速時 純加速エネルギーに毎秒172watt費やすのに対して-1watt減の171watt)


以下記事を参照させていただいております。m(_ _)m
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=10546&forum=48&post_id=18183#forumpost18183




Tracking Number: EK652214612ES

ホイール検討「フルクラム or カンパ」 [盆栽ロード]

今週末、久々にロードバイクに乗り、久しぶりにロング?ヒルクライム?ツーリングに参加。
ローラー以外で、実走ロードバイクは7カ月ぶりとなります。
(隔週でツーリングイベントが開催されてましたが、通院ほかで都合が付かず不参加しておりました。)

ルートは
 宇都宮中心部~田野セブン(集合場所)~古峰ヶ原~前日光牧場
の往復で120km1800m
1.JPG
距離、獲得標高差的に大したことないルートでしたが、
結果が散々・・・
走れないし、上れないし、直ぐ切れてしまう、脚も回らないし、心拍も上がらない感じ・・・・
とにかく疲れたので、帰ってデータを確認すると
距離のうち、後半は下り基調なので、前半半分を考えると、NP値194watt、1.6Mカロリーと低強度・・・・
サボり過ぎでした・・・・

そんなツーリングで、悶絶している間、考えていた事が一つ
「高級(個人的に)ホイールが、欲しいなぁ。そしたら、もっと楽になる筈・・・・」
自転車なんて、殆どが乗り手の体力なのは理解もしていますし、
高級ホイール買っても、数wattはおろか1wattにも満たないのも理解しています。(空力除く)
が、・・・・もう、飛び道具しか有り得ません (リハビリ/トレーニングしろってのは割愛 疲れるし)


本題です。
次期?ホイールを検討します。
ブレーキ面はアルミ、ある程度軽くて、リム高そこそこ、評価の高いホイールと考えると
「FULCRUM RACING ZERO フルクラムレーシングゼロ」あたりとなります。

次の表は、レ―ゼロを中心に1個上のグレードと、1個下のグレードを、まとめた物になります。
6.JPG
2.JPG
フルクラムと、カンパニョーロホイールは、ほとんど同じもの(OEM)と考えて差し支えないので、
レ―ゼロ/シャマル レ―ゼロナイト/シャマルミレ レー3/ゾンダと併記しています。


レ―ゼロと、レ―ゼロナイトの違いは
・リムのブレーキ面の表面処理の違い
・リアハブの素材がカーボン/アルミ
となります。
 
ハブ素材の違う リアホイール重量差は 約820g と約830g(共にシマノアルミフリーモデル)
5.JPG
赤部分がカーボンになっただけなので、10gの差しか無い・・・
回転の中央部なので、イナーシャとして考えても誤差程度と思います。
アルミ1ピースから、アルミ・カーボン・アルミ3ピース接着になっているので、
捩じれ剛性も若干落ちているかもしれません。

レ―ゼロナイトは価格アップチャージ分に見合うと思えないので、却下となります。
(本音的には、そもそも買えないし・・・ひがみ的な却下)


レ―ゼロと、レ―3の特徴、違いは
・フロントハブの材質(アルミ1ピース アルミカーボン3ピース)
・アルミスポーク or 鉄スポーク
・アルミフリーボディ or 鉄フリーボディ
・ベアリング材質
・リムは同じもの
となります。

フロントホイール重量差は 約670g と約610g
ハブの違いですが、レ―ゼロと、レ―ゼロナイトのリアの違い(ハブの一部がカーボン)から重量差は10g程度と予想できます。
従動輪なので、3ピース接着による捩じれ剛性は考えなくて良いと思うので、単純に重量差?
ハブシェルの重量差10gを除いて、
アルミスポークと、鉄スポークの重量差は50g。フロントスポーク16本なので、△3g/本
スポーク1本 鉄8gと、アルミ5gぐらいと考えます。
ホイール前後合計でスポークは37本なので、 300gと、200g 約100g差。
100gは大きいですが、以前ホイールのCAE解析をしたところ、リム以外の重量差は、イナーシャ影響(回転体ブースト)が殆ど無かったので、単なる重量差と考えます。
アルミスポークは固く、反応が良いとなっておりますが、コレが本当かどうか知りたい。
レ―ゼロや、シャマルウルトラより上位のモデルBORAとかレースピにはアルミスポークが採用されていないのも事実。
ボラなど、コンマ数秒を争う、コンペティションなホイールこそ最上位のテクノロジーを採用しそうなものだが・・・
これ以上、考察できるデータが無いので、割愛

フリーボディについて
昔、カンパ/フルクラムのフリーボディは カンパ用がアルミ シマノ用が鉄でした。
よって、シマノフリーを買うと、カタログ重量(カンパ用を記載)より約50g重いものでした。
シマノ10sから11sフリーになっても、シマノ用は鉄製でしたが、
シャマルミレ、レ―ゼロナイトの登場と共に、シマノ11sのアルミフリーが誕生。
シマノ11s鉄フリーの人は、このニュースを聞いて 純正スペアパーツのシマノ11sアルミフリーに交換する人も。
私も当時、通勤号のカンパホイール(シマノ11s鉄フリー)を、
シマノ11sアルミフリー変えようと思ったが費用対効果にマッチしないので却下しました。(約1万円の投資)
と言うわけで、旧レ―ゼロのシマノ11s鉄フリー、レー3の其れと同じなので、単純50gの費用対効果と考えます。

ベアリング材質
(考察できるデータが無いので、割愛)

いろいろ考えていくと、レー3が費用対効果が大きいと思う。
レ―3重量1600g レーゼロ1430g 差は約170g*
・スポーク分△100g*
・フロントハブ△10g*
・フリーボディ△50g*
・価格差(定価):6万円(14万vs8万)
(*推測と実態が、ほぼ一致スゲーね)

回転モーメントに影響するリムは、同じ物なので、
7.JPG
価格差が6万円で、単純な重量差170g(アルミフリー置換@1万円で、差は120g)
(アルミスポークの性能については不明 貧脚には関係なし?コンペユース?)
(ベアリング差に付いては不明 貧脚には関係なし?コンペユース?)

高級ホイール購入検討だったが、調べていくと、ZONDA、レーシング3で十分となってしまった。
さて、フルクラムにすべきか、カンパにするか?

ご存じのとおり、カンパと、フルクラムは、
TOYOTAとレクサスの様な・・・・
ダイハツと、トヨタの様な・・・
豊田と、スバルの様な・・
三毛猫と、トラ猫の様な・
デザイン違いのOEMなのは有名だけど、
ひょっとしたら、何かデザイン以外の違いを見つけるべく、パーツリストを比較してみた。
3.JPG
画像は全くの使いまわしでした。(パーツNoは違う・・・・)

カンパ、フルクラムのホイールを買うと、検査証がついてくるが、
~写真探す~
検査員のサイン(シグネーチャー)が、ブランドが違えど同じ場合もあるとの事なので、
製造ラインも豊田方式で、一つのラインにブランド違いが混在して流れているのでしょうか?
今では当たり前のTOYOTA方式ってすごいね。

さて、フロントホイールは全く同じ物なので、(スポーク色、ニップル色や、デカールは異なる)
ちなみに購入後、お約束のデカール剥がしを実行予定です。

リアホイールのスポークデザインで選択するしかないとなってしまった。
4.JPG
当初フルクラムと、カンパはスポークデザインに大幅な違いがあったが、
だんだんと、フルクラムは、カンパG3よりに変更していった経歴がある。
すいそくですが、G3のスポークデザインが力学的に優れていて、
G3よりになっていったとすれば、「G3買い」となるが、
G3よりも、フルクラムの、この絶妙な角度が、より優れているのかも知れない・・・・
うーん・・・
(CAE/FEMで検証予定。期待しないで待っていてください)
⇒1年越しで、CAE実施しました。http://hibihibicycle.blog.so-net.ne.jp/2017-02-15
⇒その2はコチラ http://hibihibicycle.blog.so-net.ne.jp/2016-06-20
⇒重さの影響に関してはコチラ http://hibihibicycle.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13
⇒ジャンクホイールを手に入れえた結果 http://hibihibicycle.blog.so-net.ne.jp/2016-06-24

カンパG3は、スポークの隙間が多く、ホイールや、チェーンステーの掃除がしやすいのも捨てがたい



ココで悩み中。


国内はカンパ、フルクラムの輸入代理店が違う?ためか、価格が違う。海外は同等。
購入は海外で買う予定。
盆栽ロード ブログトップ